犬 膵炎 食事

犬が膵炎になった時の食事|正しいレシピとおすすめドッグフード

 

こちらのページは、犬の膵炎への食事で、押さえておくべきレシピや食事管理のポイント、そして、そのポイントやレシピをしっかり押さえた、食いつき抜群の無添加ドッグフードをご紹介します。また、フードの紹介の後、病気の原因や症状、治療法についても解説していきます。

 

病院食が合わなくてお困りの方や、愛犬に膵炎の疑いがあり、悩んでいる方の、お役に立つことが出来れば幸いです。

 

 

 

犬の膵炎に最適な食事レシピを備えたドッグフード

 

まず、犬の膵炎という病気は、食事やドッグフードとの関係性が深いと言われます。

 

犬の膵炎には慢性膵炎急性膵炎がありますが、ドッグフードやご飯に関してしっかりと食事管理をしてあげなければなりません。

 

急性膵炎は症状がきついため、早急な治療が必要です。絶食や入院しての集中的な治療を行う事もあります。

 

いずれにしても、膵炎にかかってしまった愛犬には、長期にわたり食事療法が必要不可欠になります。
膵炎の犬は、消化酵素の分泌低下を招き、代謝や脂肪の消化をうまく行うことが出来ません。

 

そのため、高脂肪や高カロリーの食事を避け、「低脂肪・低糖質・消化の良いたんぱく質」の物を与えてあげなければなりません。
それと、膵炎にかかった犬は腸で分泌される「膵液」がうまく働きませんので、腸に負担がかかります。

 

犬の腸には免疫細胞が70%も集まっており、腸の健康に関しても注意を払ってあげましょう。
血中コレステロールや中性脂肪、糖分などを免疫細胞が食べてくれるので、「高血糖・高脂血」のケアにもなり、膵炎から糖尿病やクッシング、脂質代謝異常などの病気の併発リスクも少なくできます。

 

とはいうものの、これらに注意して犬の食事を手作りするのは飼い主さんも大変です。
書物を調べたり、都度食材を吟味したり、精神的な負担も少なくありません。

 

そこで、このページでは、犬の膵炎に適したレシピで栄養バランスが良く、且つ、美味しくて食いつきの良い、おすすめのドッグフードを選んでご紹介していきます。

 

 


犬,膵炎,食事,レシピ,低脂肪

犬心の特徴

■膵炎にかかった全犬種対応の病気管理用の療法食!
■「低脂肪」「低糖」だけでなく、膵炎の臨床栄養をオールクリア
■免疫細胞が7割が集まる犬の腸、その腸内の善玉菌をUPさせる「βグルカン高含有」の花びら茸を配合。
■消化されやすい糖質を制限し、糖の吸収を抑制する食物繊維を配合、ダブルのパワーで血糖値をコントロール
■膵炎の食事に大切な低脂肪はもちろん、良質なオメガ3脂肪酸・オメガ6脂肪酸配合。
■低カロリーで高消化のタンパク質、ビタミン、ミネラル、アミノ酸などの栄養素をバランスよく配合。

価格 6,400円
評価 評価5
備考 税抜 3kg(1kg×3袋)
犬心の総評

「犬心ドッグフード・糖&脂コントロールは、原材料から製造加工まで全て日本国内で行われている純国産の療法食ドッグフードで完全無添加です。「膵炎」はもちろんのこと、「クッシング症候群」「糖尿病」「高脂血症」「メタボ・肥満」「甲状腺機能低下症」「脂質代謝異常」といった、「高脂血・高血糖」が関係する疾患全てに対応できる、犬の膵炎には最適なレシピのドッグフードです。人も食べれるというコンセプトもあり、自然の力で作られているため安心です。95%以上が再注文されている商品ですが無料の食いつきチェックサービスもありますので、愛犬の食い付きを確認してから購入できます。

 


犬,膵炎,食事,レシピ,低脂肪

モグワンの特徴

■膵炎の愛犬にも使いやすいドッグフード
■還元作用の高いアスタキサンチンや健康を維持するDHA、スムーズなリズムを維持する
EPAを含む※【スコットランド産のサーモン】。
■吸収分解が早い中鎖脂肪酸、そしてリフレッシュできるラウリン酸配合【ココナッツオイル】。
■良質で低脂質なタンパク質配合※【イギリスの平飼いチキン】。
■ミネラルやビタミン、アミノ酸等を含む栄養豊富な海藻で、オメガ3脂肪酸を配合。
■糖の吸収を抑制する食物繊維も豊富で犬の体内環境を整える。
■ビタミン類やセレンなども豊富に配合。

価格 3,564円
評価 評価4.5
備考 税抜 (1.8kg) 特別優待価格【10%off】 3個以上送料無料
モグワンの総評

権威があり有名な獣医学雑誌のMVMに載ったことのあるモグワンドッグフード。2016年10月に行われた獣医師対象の先端医療学会アンケートで、84%の獣医師が「モグワンドッグフードを与えてみたい」と回答したそうです。高消化のタンパク質と、オメガ3、オメガ6脂肪酸を含合、アレルギーの元になる穀物類は一切使っていません(グレインフリー)。97%以上の犬が食べたという調査結果もあり、味も美味しく食いつきの良さもおすすめです。愛犬の膵炎の食事管理にも使いやすいドッグフードです。

 


犬,膵炎,食事,レシピ,低脂肪

アランズ ナチュラルドッグフードの特徴

■消化吸収が良く膵炎にかかった犬の食事管理にも使いやすい。
■犬本来が必要とする栄養素を無添加素材だけで実現。
■イギリスの国際規格をクリアした工場で厳しい品質管理の元に生産。
■人工添加物・着色料・保存料・香料・人工添加物不使用。
■人も食べられる高品質なイギリス産で生のラム肉(子羊)使用

価格 3,564円
評価 評価5
備考 税抜 2s 1万円以上で送料無料!
アランズ ナチュラルドッグフードの総評

アランズ ナチュラルドッグフードは獣医師も推薦する、人工添加物を使用していないドッグフードです。良質なタンパク質・消化の良い野菜やハーブ・偏りのない多様な穀類を含み、アレルギーを持っている膵炎の犬にも安心です。療法食ではありませんが、原材料と成分分析値を参考に、獣医師にご相談すると良いでしょう。

 

 

愛犬が膵炎になる原因|その症状や治療法について

犬の膵炎の原因について

犬の膵臓から分泌される膵液は、非常に強力な消化液であり、犬の膵臓そのものを溶かしてしまうほどです。犬の膵臓はタンパク質で構成されていますが、膵液はタンパク質分解酵素が含まれているのです。

 

つまり、膵液には膵臓自体を溶かす力があるため、健康な膵臓では膵液が十二指腸に分泌された後に、消化の能力が働くような仕組みにできています。

 

ですが、高脂肪な食事やおやつなどで、犬の膵臓に負担が掛かってしまうと、正常な仕組みが機能せず、犬の膵臓内で、膵液の消化能力が発動してしまい、肝臓自体がダメージを受けることにより、急性膵炎を発症してしまうわけです。

 

膵炎を引き起こす要因としては様々で、偏った食事によるメタボ・肥満、そして、高脂血症や脂質代謝異常症、さらには、ホルモン系疾患である、糖尿病・甲状腺機能低下症クッシング症候群などから併発する合併症として。

 

(参考:これらの病気から発展しやすい「犬の癌」についての詳細ページ⇒ 犬の癌をケアする食事レシピ|手作り食を凌駕する最新ドッグ―ド

 

また、これらの疾患に対する治療薬が原因で膵炎に発展するケースもありますし、ストレスが病気の引き金になるケースも認められます。

 

あと、犬種によって先天的に膵炎にかかりやすいワンちゃんもいて、ヨークシャーテリア、コッカ―スパニエル、、ミニュチュアプードル、ミニュチュアシュナウザー、ウエストハイランドホワイトテリアなどが挙げられます。

 

 

膵炎を疑う初期症状と重篤な症状

犬の膵炎には、慢性膵炎と急性膵炎の2種類がありまが、特に早急な命の危険を伴うのが、急性膵炎です。

 

沈黙の臓器とも呼ばれる犬の膵臓は、炎症が起こっても軽度であれば殆ど気づくことが出来ないため、気づかないうちにどんどん進行してしまうケースが散見されます。

 

【犬の膵炎|初期症状】
初期症状や、やや膵炎が進行した時に見られる症状は以下の通りですので、早めの診察をおすすめします。

 

・ヨダレの量が多くなった
・嘔吐するようになった
・食欲が無くなってきた
・お腹が痛そうな仕草をする

 

愛犬の腹痛に関しては、見逃しやすい症状の一つではありますが、以下にその行動パターンを載せておきますので、参考になれば幸いです。

・お祈りポーズと言われる仕草(下記画像)

・抱っこされるのを嫌がる
・腹を触ると嫌がる

 

【犬の膵炎の症状|重篤になると】
病気が重篤化してくると、白目が黄色くなって「黄疸」がでたり、糖尿病や腎不全を発症することがあります。血液にトラブルを引き起こす場合もあり、免疫機能が暴走し、欠陥で血液凝固が起こり、血の塊(血栓)が出来るようになります。

 

これを、「播種性血管内凝固症候群」と言いますが、犬が健康な状態では、怪我などで出血した場合に、血を止めるために働く免疫機能の指示が、膵炎が進行すると暴走して、何もないのに体内で血栓を作ってしまうわけです。

 

この血栓によって、様々な臓器が傷付けられたり、血管が詰まったりすることもありますし、ショック状態になることもあります。すでに、命に係わる状態で、亡くなってしまう可能性がある状態です。

 

 

犬の膵炎|診断方法と主な治療法について

 

【診断について】
飼主さんが動物病院へ受診に行くきっかけになっている症状の多くに、「嘔吐」が挙げられます。獣医さんは、問診で食べた食事の内容や回数を訪ねてくるので、食べたものやワンちゃんが吐き戻した回数などをメモして行くなどするとスムーズです。

 

膵炎の可能性を探るため、お腹の触診や、ワンちゃんの目を見て黄疸の有無を確認します。そして、レントゲン検査やエコー検査、血液検査を行い、膵臓の異常やその周りの臓器に影響を及ぼしていないか調べ診断します。

 

 

【治療法について】
犬の膵炎には、今のところ特効薬といったものがありません。そのため、対処療法(内科治療)が中心になります。膵臓は非常に大切な役割を担う臓器なので、切除手術を行うことは極稀で、ほとんどありません。

 

・絶食
水や食事を経口摂取すると、活発に膵臓が働き出して炎症を悪化させるため、膵臓を休める目的で数日間の絶食を行います。

 

・投薬や点滴治療
炎症や痛みを緩和するため、点滴を行い膵臓や体全体の循環を改善に向かわせます。また、嘔吐がきつい場合には吐き気止め薬を、お腹の痛みがある場合には鎮痛薬を投与します。

 

・食事療法
嘔吐などがおさまり、経口摂取できる状態まで回復すれば、食事管理や食事療法を行います。脂肪分の多い食事は犬の膵臓に負荷がかかってしまうため、「低脂肪の食事」を少量ずつ与えてあげるようにします。

 

吐き気があり、食欲が戻っていない場合は、口からチューブを挿入して流動食をあげたり、高栄養の輸液剤を点滴することもあります。

 

 

犬の膵炎は完治する?

一般的にも、犬の膵炎は完治が難しい病気だとされています。しかし、早期発見で症状が軽い場合は、適切な処置や治療、食事療法などで元気に生活してくことは十分可能です。
ただ、一度治っても持病や合併症、体質などにより、繰り返し症状が出る可能性もあるので、要注意です。

 

また、重篤な症状に陥った場合は、入院して集中的な治療を行う必要があり、前述した、絶食や点滴、食事管理などで状態が良くなるまで経過観察が必要です。

 

重篤な状態を脱し、経口摂取が可能になれば、通院や食事療法で、前述したように元気に生活していくことも可能です。

 

どちらにしても、犬の膵炎は一度治ったと思っても、再発の可能性が高い病気です。回復した後も、低脂肪な食事や適度な運動を心がけてあげなければなりません。

 

メタボや肥満といった太り過ぎが、原因の一つとして挙げられていますので、脂質の多い食事や栄養の偏った食事は避ける必要があります。

 

膵炎にかかった愛犬も、生涯を元気に暮らしていくことは十分可能ですが、再発の危険性が高いので、初期治療でうまくいっても、完治したと安心せず、食事や生活習慣に気を付けてあげることが大切です。

 

 

犬の膵炎に良い食事について

 

犬の膵炎の食事で気を付けなければいけないポイントは、膵炎の元である「膵臓」に負担をかけないという事です。

 

膵炎の愛犬には高脂肪の物は避け、低脂肪のものを選んであげましょう。

 

おやつなどは控えるようにして、糖分の摂取にも気を使ってあげてください。

 

食物繊維をあたえてあげて糖の吸収をブロックするというのも良いですが、芋類やカボチャなど糖質の高いものもあるので注意が必要です。

 

ここで挙げる以上に、手作りで犬の膵炎用の食事を作るには、しっかりとした知識と結構な手間がかかります。

 

間違えると膵炎の症状が悪化して、その他の病気も併発してしまいかねません。

 

原材料や成分をしっかり表記している、療法食のドッグフードを慎重に選んであげるのもまた愛犬のためだといえるでしょう。

 

 

膵炎の愛犬に一番おすすめなレシピのドッグフードは犬心

 

愛犬の膵炎に一番おすすめなドッグフードは「犬心」です。

 

「犬心 糖&脂コントロール」は量販店やホームセンターなど一般の販売店では売っていないのでまだまだ知名度は高いとは言えませんが、プロや、実際に犬心を与えた愛犬家の間では口コミでその効果が広まってきています。

 

犬心が膵炎の食事療法にも最適な理由は、「高血糖・高脂血のトラブル・病気」を合わせて全てケアできるという点です。

 

完全無添加で手作り製法、それに純国産なので、安全で安心です。

 

人間が食べられる自然のチカラ」に徹底してこだわりを持っていますので、一般のペットショップやホームセンターなどでは販売しておらず、公式サイトでのネット通販でのみ注文できるのも特徴的です。

 

犬の膵炎は、高血糖・高脂血のトラブルからくる疾患で、糖尿病や脂質代謝異常を併発しやすく、対応が悪いと命にかかわります。

 

そのため、高血糖・高脂血」の疾患全てに対応した、療法食ドッグフードが理想的です。

 

「犬心」をオススメするのは、下記に示す犬の7大トラブルと呼ばれる疾患に対応しており、さらには「臨床栄養」と呼ばれる「病気の犬に必要な栄養素」は全てクリアして含んでいる所です。

 

もちろん、膵炎や下記の病気を予防するためにも非常にお薦めできるドッグフードです。

「・膵炎」
「・甲状腺機能低下症」
「・クッシング症候群」
「・メタボ・肥満」
「・高脂血症」
「・糖尿病」
「・脂質代謝異常」

 

犬心は、膵炎から併発リスクの高い疾患予防も出来ますし、逆にその他のトラブルから併発した膵炎でもトータルでケアできる療法食ドッグフードということです。

 

奈良県磯城郡三宅町にある「マッシュルーム・デザイン・スタジオ(大和菌学研究所)」というキノコの菌の研究をしている会社が「犬心」の販売元で、多くの健康キノコの販売を行ってきた会社です。

 

健康に関する商品を扱っていく中で、獣医師や愛犬家さんとの運命的な出会いもありました。
そして今までの「犬の病気対応のドッグフード(療法食)」に納得のいくドッグフードが無い事に気づきました。

 

「世の中に無いなら自分たちで作るしかない!」

 

そう決心して、苦労のすえ誕生したのが「犬心 糖&脂コントロール」というドッグフードです。

 

完全無添加や手作り製法にこだわり、そして犬の7大トラブル全ての臨床栄養をクリアするというコンセプトは予想をはるかに超えた困難がありましたが、専門家の協力やまわりの支えがあり、ようやく完成した「犬心 糖&脂コントロール」。

 

無添加で人も食べれるドッグフード犬心です。

 

膵炎になった愛犬の免疫力キープに必要な「腸の健康」、その腸内善玉菌UPを促進する「βグルカン高含合」の花びらダケ。

 

犬の免疫力に働きかける花びら茸の効果に関しても「マッシュルーム・デザイン・スタジオ/大和菌学研究所」は専門分野なのです。

 

一番おすすめ出来る犬の膵炎の食事用のドッグフードは「犬心」です。

 

犬心公式サイト



「犬心・評判」の詳細⇒ 犬心糖と脂コントロールの効果※7大疾患の臨床栄養を備えた実力

 

TOPページへ戻る⇒ 【甲状腺機能低下症の愛犬の食事】※長生きさせる食事療法のポイント


page top