犬 癌 食事 レシピ

最初に

犬,癌,食事,レシピ,治療

 

このページでは、腫瘍疾患をケアできる、犬の癌に対応した食事で、手作りでは再現できないほど、優れたレシピのドライフードをご紹介します。

 

数少ない「病気療法食のドッグフード」で、癌の愛犬に対する食事レシピの注意店やポイントをしっかりと押さえ、且つ、食いつきが良い、様々な癌の研究結果に基づいたものだけを掲載していますので、愛犬の癌の食事療法で、お困りの方の参考になれば幸いです。

 

また、フードの紹介の後に、犬の癌(がん)について、早期発見のための検査方法や治療法、共通する「癌・腫瘍疾患」の症状についても解説していますので、気になっている方は、あわせてご覧になって下さい。

 

目次をタップすると見たい項目からチェックできます。

犬の癌(がん)向け食事療法、効果が全然違う癌研究のドライフード

 

犬の死亡原因の半分近くを占める「癌(がん)」ですが、悪性腫瘍疾患とも呼ばれます。出来る部位によって、肝臓癌、乳癌、皮膚癌、メラノーマなど、様々な種類がありますが、食事療法で用いられる、癌(がん)腫瘍対応の「※1臨床栄養」は同じです。

 

※1(特定の疾患を抱えた犬の健康状態に、必須の栄養を「臨床栄養」と言い、臨床栄養を全て備えた食事を「療法食(病気管理用)」と言います。)

 

癌(がん)を抱える犬は、腫瘍細胞に栄養を奪われるため、進行していくと元気が無くなり、衰弱して行くのが目に見えてわかるようになります。癌・腫瘍は、特にブドウ糖などの利用しやすい栄養素を好む性質があり、食事のレシピにおいても「糖質の制限」が必要です。

 

そして、犬の癌への食事のレシピで気を付けなければいけないのが、癌(がん)・腫瘍がエネルギーとして取り込みにくい「高脂肪」、馬や牛、チキンなどの動物性脂質や、犬が体内で作り出せない、オメガ3脂肪酸(亜麻仁油((アマニアブラ))や青魚などに多く含まれる)が良いとされています。

 

また、代謝トラブルを抱えることが多い疾患でもありますので、弱った体でもしっかり吸収できる、高消化性の良質なタンパク質を含んだレシピでの食事管理が必要です。

 

さらに言うなら、免疫細胞を元気にする、善玉菌を増やし、免疫細胞が、活性化する力を育めるようなフードが理想で、人の免疫研究でも注目を集めている、スーパーキノコなどをしっかりした研究結果や理論に基づき、配合されているのが、なお良いと言えるでしょう。

 

癌(がん)腫瘍に対する臨床栄養を備え、さらに、免疫力への作用がプラスアルファされた食事は、一般の販売店などではあまり販売されておらず、癌になった愛犬の、食事療法でお困りの方も多いようです。また、このような癌・悪性腫瘍をケアする食事を、手作りするとなると食材選びやレシピ、また、調理の仕方など踏まえると、専門家でも難しいと言わざるを得ません。

 

そこで、犬の癌(ガン)や、悪性腫瘍に対応した「臨床栄養」を満たし、人工添加物が含まれていない療法食ドッグフードで、犬の癌用のドライフードをご紹介いたします。

 

愛犬のためには、手作りが良いと思っている飼主さんもいらっしゃるかもしれませんが、必要な栄養素、また、逆に避けなければいけない栄養分などを踏まえて毎日食材を揃えて調理するのは大変です。

 

やはり、長年の研究でわかった免疫力を高める力を後押しする成分や犬の癌の臨床栄養をなどをしっかり含んだ、専門家が作る手作りの病気療法食をはるかに凌駕する食事レシピで、犬の癌(がん)専用に開発された療法食ドッグフードをおすすめします。

 

完全に無添加で、犬の癌向けの栄養バランスに優れているだけでなく、闘病中のワンちゃんの食いつきが良いという、味の良さも評判になっている非常におすすめの「犬の癌(がん)向け療法食」として認められているドッグフードや、犬の健康を考えて作られたフードだけを選んでいますので、安心してご覧になって下さい。

 

犬,癌,食事,レシピ,治療

みらいのドッグフードの特徴
  1. 製薬会社だからできた、癌になった愛犬用の病気療法食
  2. ガン、腫瘍になった犬の食事療法用で、全犬に種対応
  3. 犬用のマクロビオティック思想を導入した発酵素材配合
  4. βグルカン2,000r
  5. 癌の愛犬が不足しがちなタンパク質をたっぷり使用した高級鹿肉等で補う
  6. 癌に良いオメガ3脂肪酸高含有の亜麻仁オイル付
  7. 無料サンプル・全額返品保証
価格
6500
評価
評価5
備考
亜麻仁オイル(200ml)・無料お試し(50g)付 1kg
みらいのドッグフードの総評
製薬会社が開発した、癌(がん)になった犬への臨床栄養レシピを備えた病気療法食で、「良質な鹿肉の高タンパク質&低脂肪」、更には、「アガリクスや霊芝、花びら茸、メシマコブなど7種類キノコ類と乳酸菌や酵素」など、犬のマクロビオティック思想を導入して、充実した「腸活レシピ」を実現。犬の自然治癒力(免疫力)を維持する力をはぐくみます。このページから購入される方には、楽天市場などでは取り扱っていない、定期コース(1回購入で解約・休止が自由)、無料トライ並びに返品保証がつきます。 毎回変わるキノコの配合比率が、免疫枯渇作用を防ぎます。

犬,癌,食事,レシピ,治療

犬心 元気キープの特徴

・癌の愛犬用に対応したナチュラル療法食
・免疫力キープ(ハナビラダケ・冬虫夏草のベストな組合せ)
・専門家チームにより10年の歳月をかけ開発
・専門的な対応が親身でわかりやすい
・オメガ3脂肪酸5%以上(オメガ3脂肪酸高含有の亜麻仁オイル付)
・癌・腫瘍へ吸収されやすい栄養分のブロック!
・無料の食いつきチェックサービスあり

価格
7400
評価
評価5
備考
1ヶ月分(目安)
犬心 元気キープの総評
販売元の専門分野、きのこの「免疫力キープ」を最大化する、犬の栄養学に基づいた配合バランス。質アルギニン高配合で高タンパク、糖の吸収を抑える食物繊維バランス、癌(がん)・腫瘍が利用しにくい大麦・玄米を使用し、免疫力の維持に欠かせないβグルカン高含有の「ハナビラダケ」配合。愛犬が自然治癒力を維持する力を育みます。無料食いつきチェックサービスあり(受注生産)。※下記公式サイト下部に問い合わせ欄があり、犬心元気キープについてはそちらに連絡してください。「犬心 糖&脂コントロール」は、癌用の療法食ではありません。

 

 

犬の癌(がん)|主な症状や治療法について

 

犬のがん・腫瘍についての代表的な症状や、治療方法について解説します。

 

犬の癌(がん)の症状について

 

悪性腫瘍、つまり、癌(がん)ですが、体のどの部位で発症するかによって症状も様々です。しかし、だいたいの癌に共通して現れる症状があります。

元気が無くなる
運動量が減り散歩を嫌がる
食欲減退
体重が減り痩せてくる

 

このような症状の他、新しくイボやシコリが現れたり、フラつきが見られるようになり、貧血を起こすことがあります。

 

 

犬の癌(がん)を早期発見するためには?

 

どんな病気でも、早期発見が一番ですが、人も犬も、「この検査だけやっておけば心配ない」というようなガン検査は、今のところ無いというのが実情です。レントゲン検査やエコー検査、血液検査など、複数の検査を組み合わせ、全身をチェックしていく必要があります。

 

気になるシコリやイボなどが出来ている場合は、MRIやCT等の画像検査も有効ですし、シコリやイボなどの細胞を採取したり、切除して、細胞の「病理検査」を行うことで、診断の精度は高くなります。

 

しかしながら、癌・腫瘍が、ごくごく初期段階であった場合、これらの検査でも発見できないことも多々ありますし、症状が現れるまでにはかなり時間がかかり、癌が進行してから見つかるケースも、まだまだ多いです。

 

犬が癌にかかりやすくなると言われる、中・高齢に達している場合は、小さな変化であってもすぐに気づくことが出来るよう、定期的な検診が、非常に大切です。

 

もちろん、シニア犬でなくても、早期発見のためには、定期的な検診を受けておいたほうが良いと言えます。

 

 

犬の主な癌(がん)治療について

 

犬の場合でも、人と同じように癌治療の三本柱は、「切除手術」「抗がん剤治療」「放射線治療」となります。

 

一番効果的なのは今も昔も、癌細胞そのものを切除してしまう「手術」による治療が一番です。

 

しかし、腫瘍が出来ている場所や大きさによって、「切除手術」行えないことも多く、「抗がん剤治療」や「放射線治療」で対応することも多くなります。ご存知かと思いますが、「抗がん剤」「放射線」とも、副作用の問題がつきまといます。

 

副作用の原因は、ザックリ言うと「細胞毒」といわれるもののせいで、細胞毒はがん細胞だけでなく、正常な細胞も攻撃してしまうため、犬の健康状態に悪影響も出てしまうわけです。

 

切除手術を行った場合でも、補助的に抗ガン剤を使ったり、放射線治療を追加で行ったりすることもあります。これも、病気の進行具合や発症する部位によって、組み立ては様々です。

 

どの癌疾患においても、それぞれのステージ(進行度)において、目指すべきゴールを設定することも大切で、「根治」と言われる病気の完治を目指すのか、痛みや苦しみを緩和して、「クオリティ・オブ・ライフ(生活の質)」を向上させる、対処療法や緩和治療を行うのかなど、それによって、選択する治療方法も変わってきます。

 

獣医師と相談して、セカンドオピニオンと言われる、他の動物病院で診断を受けるという選択肢も、今ではかなり認知されていますから、別の獣医師に診察を受けるのもありです。

 

いずれにしても、犬の癌治療にはかなり高額な医療費がかかってしまうことが多いので、進行が早い癌の場合は、獣医師や家族とよく相談して、早めに治療の選択肢をお決めになったほうが良いと言えます。

 

最近では、ペット保険というものが充実してますので、まだ診断されていないけれど、親犬を癌で亡くしていて、「将来の病気や医療費が心配」などといった場合は、こちらのペット保険の詳細を参考にしてみてはいかがでしょう。
⇒ ■ペットの保険選びは!【保険スクエアbang!/ペット保険】■

 

 

また、愛犬が癌(がん)を患っている場合でも、食事を食べれない状態でなければ、食事療法を行うことも可能です。

 

癌・腫瘍に対応した食事レシピで、手作り食よりも美味しく作られている「病気療法食」のドライフードやドッグフードも、かなり優秀なものがあります。このページで紹介しているドッグフードは、「免疫力のキープ」にも注目して作られており、癌と共存しながら元気に過ごすことも可能です。

 

犬の癌(がん)に共通する体のトラブルや、癌の犬に適した食事レシピのこと、与えてはいけない食材の注意点なども解説していますので、ご覧ください。

 

 

癌(がん)になった犬が抱える体のトラブル

 

ひとくちに、癌(がん)といっても、腫瘍が出来る体の部位によって、種類や名称は様々ですが、ほぼすべての癌疾患において、抱える栄養トラブルは共通しています。

 

ここでは、代表的な3つの栄養トラブルについてご紹介させて頂きます。

 

 

免疫力の低下により癌の進行が早くなる

 

今では一般的にも知られていますが、体内で癌細胞をやっつけてくれるのが、免疫細胞です。

 

癌(がん)・悪性腫瘍が出来るのは、免疫細胞の働きが弱っているからと言われ、免疫力の低下は、症状の進行を早めてしまいます。

 

さらに、免疫細胞の力が弱くなることで、癌以外、その他の疾患にもかかりやすくなり、合併症を引き起こしやすくなってしまいます。

 

 

癌に栄養源である糖質を奪われる

 

癌(がん)・悪性腫瘍は、糖質を餌にしています。冒頭に書いた通り、ブドウ糖などの利用しやすい糖質を好みます。

 

エネルギー源である糖質の多くを、癌・腫瘍に奪われてしまうため、元気が無くなり、痩せて衰弱していくのもこのためです。

 

 

タンパク質不足になる

 

代謝トラブルが起こるのも、癌(がん)になった犬の特徴で、タンパク質の不足を招きます。

 

体内で不足したタンパク質を補うため、癌になった犬は体の中にあるタンパク質を使い果たしてしまいます。

 

そのため、体重が減ったり、活動量の低下や衰弱が見られるようになります。

 

こういった症状を防いだり、改善するために、食事療法で気を付けなければいけないポイントであり、飼主さんも知っておく必要があります。

 

 

犬の癌(がん)・悪性腫瘍|食事で注意すべきポイントとは

 

癌になった愛犬に、普通に市販されているドライフードを与えるのは自殺行為だと言えます。

 

癌疾患に対応した、「臨床栄養」を踏まえるため、気を付けるべきポイントをご紹介していきます。

 

 

食事は、良質で高脂肪なレシピのものを!

 

先に書いた通り、癌の食事においては、腫瘍のエサとなる「糖質の制限」が必要になりますが、糖質を制限することで、犬はエネルギー不足になります。

 

糖質の代わりとして、高脂肪なフードでエネルギー不足を補います。病気の愛犬に対して高脂肪フードは良くないと思われるかもしれません。

 

しかし、主に肉食である犬は、脂肪の代謝が上手で、さらにいえば、癌・悪性腫瘍は、脂肪をエサに出来ないので、癌の栄養補給を断ち、ワンちゃんへの貴重なエネルギー源として役立ってくれるのです。

 

 

糖質の制限

 

上記でも触れていますが、癌(がん)の愛犬には、糖質の制限が必要になります。

 

砂糖やブドウ糖などは、特に癌のエネルギー源になるので、癌や腫瘍がエサにしている、糖質をカットすることが必要不可欠です。

 

あわせて、吸収の早い炭水化物も避けるべきでしょう。炭水化物は糖質を多く含むため、癌になったワンちゃんには、避けてあげるべきです。

 

 

「オメガ3脂肪酸」の効力を活用する

 

癌(がん)・悪性腫瘍が、脂肪を栄養源にしないってことは、先にも触れていて、高脂肪の食事の大切さも述べたところですが。

 

脂肪の質」にも気を配ることで、病理組織が改善したという研究結果もでています。

 

どういうことかと言うと、亜麻仁(アマニ)油や、サバやイワシなどの青魚に多く含まれる、オメガ3脂肪酸が注目されていて、病理組織の改善をみた研究で、用いられたのがこの「オメガ3脂肪酸」なのです。

 

人間の癌疾患においても注目を浴びており、癌の栄養源になることも無く、癌化した細胞組織に改善の可能性がある栄養素として、その効力が期待できるということです。

 

 

高アルギニン(高タンパク質)の食事

 

癌になった犬は、代謝トラブルを抱え、体内のタンパク質を使い果たしてしまうことになります。そのため、タンパク質をしっかりと摂取し、補給してあげることが大切になってきます。

 

とくに、「アルギニン」などのアミノ酸は癌(がん)に良いとされていて、タンパク質を構成する、アミノ酸などの栄養バランスも大事です。

 

 

腸内バランスを整え、善玉菌を増やし、免疫を元気にする

 

癌になったワンちゃんが、免疫力の低下を招いているのは先にも述べましたが、その免疫細胞を元気づけるため、腸内環境を健康にすることも大切です。

 

犬の腸という器官には、免疫細胞の約70%が集中すると言われ、腸内環境を整えることで、善玉菌が増え、免疫細胞にも好影響をもたらすことが知られています。

 

乳酸菌で善玉菌を増やし、キノコ類に含まれる「βグルカン」で、免疫細胞が元気になる力を育むことも重要になります。

 

まとめると、

  1. 食事は、良質で高脂肪なものを!
  2. 糖質の制限
  3. 「オメガ3脂肪酸」の効力を活用する
  4. 高アルギニン(高タンパク質)の食事
  5. 腸内バランスを整え、善玉菌を増やし、免疫を元気にする

 

この5点になりますが、これら全てに配慮し、レシピを考え、食材を揃え、手作りで療法食を作るのは、なかなか大変な作業になります。

 

 

犬の癌への食事療法は、手作りが良い?

 

さて、前述した、食事レシピの注意点やポイントを押さえ、癌(がん)の愛犬に「手作りした食事」を与えてあげるには、実際にどのようにしたら良いでしょう。

 

結論から言ってしまうと、犬の癌の臨床栄養を踏まえ、癌に有効だとされる成分を配合して、手作りで療法食を作ってあげるのは、かなりハードルが高いといえます。

 

癌犬の(がん)への栄養知識はもちろんですが、食材にどんな栄養が含まれているか、また、加熱処理によって起こる、食材の「変性」や、調理にかかる時間など、飼主さんには結構な負担がかかってしまいます。

 

そのような理由から、ここでは「手作り」は推奨していません。

 

それよりも、癌の臨床栄養があらかじめ考慮され、動物医学でも研究が進んでいる、「犬の癌に有効な成分」をプラスアルファした、「犬の癌(がん)専用の病気療法食」と認められた、良質で無添加のドッグフードやドライフードをおすすめします。

 

使用原料も厳選され、必要な成分もしっかり含まれた「犬の癌対応ドッグフード」は、素材原料や成分値もキッチリと表記されています。ドライフードでありながら、手作りよりも犬の癌に良い成分が含まれ、毎日の食事で病気のケアが可能になります。

 

獣医師との相談もやりやすく、食事管理も簡単で、何よりも必要なものが全て含まれているので、安全面でもおすすめです。話は少しそれますが、海外で獣医師が作った「病気療法食」の、栄養素を調べたところ、「臨床栄養」を満たしているものは、僅か10%程度だったとの報告もあります。

 

つまり、プロが作ったレシピでの「手作り療法食」ですらこの結果ですから、愛情があるとはいえ、普通の飼い主さんの手作りは、栄養不足の危険もあるという事です。

 

 

特におすすめな犬の癌・病気療法食は「みらいのドッグフード」です。

 

 

ガンになった愛犬の食事療法で一番おすすめなのは、製薬会社だから実現できた優れたレシピ、「みらいのドッグフード・癌・腫瘍サポート」です。製薬会社ならではの動物臨床栄養学と漢方素材がふんだんに盛り込まれています。

 

愛犬の癌へ対応した臨床栄養をクリアし、免疫力アップへのレシピもしっかり含んでいます。高級な鹿肉をふんだんに使用し、良質なタンパク質摂取や、オメガ3脂肪酸、アルギニンなどの栄養バランスも秀逸な療法食ドッグフード(ドライフード)です。

 

無添加であり、癌のエネルギー源である「糖質」を制限、しかし、必要な栄養素はたっぷり摂れるように、食いつきの良さも極限まで追求しています。また、「みらいドッグフード」では、「腸活レシピ」という部分にも着目し、腸の健康から自然治癒力がアップする力を育めるように作られています。

 

「みらいドッグフード」では、10種類のスーパーキノコを採用しているのですが、どれも免疫力のキープには良いとされているものばかりです。特に注目したいのは、「免疫枯渇を防止する」という考え方で、人の免疫学分野でも言われていることです。

 

どういうことかと言うと、免疫細胞を刺激し、免疫力が急激に上がると、ガン細胞をやっつけてくれるのですが、短期間で活性化した免疫は、ある程度で疲れて免疫力の低下を招くことが知られています。これを「免疫枯渇」といいます。

 

「みらいドッグフード」は、そんな「免疫枯渇作用」にも着目し、10種類のキノコの配合を、「免疫枯渇」が起こりにくいよう、毎回調整して届けてくれるというのです。もちろん、癌に効く、免疫力がアップするなどの表現は使えませんが、研究が進んでいる免疫学の要素が、かなりのレベルで取り入れられているのがわかります。

 

まさに、製薬会社だからこそ出来る、癌の愛犬に欠かせない医学的要素です。

 

毎回調整されるスーパーキノコ10種類の配合率、その恩恵を大いに受けられる定期コースは、このページからの直販公式サイトに用意されています。楽天などからの注文では、定期コースが用意されておらず、一般の店頭販売もありません。

 

いつ誰に、どのくらいの量を販売したのか。それらを把握しておくことで、問い合わせにも素早く、専門的な相談に乗ることが可能だと言います。定期コース(1回購入で解約・休止が自由)と言っても、継続義務は無く、無料サンプルと返金保証までありますので、安心してお試しいただけると思います。送料も無料になります。

 

 

 

 

TOPページへ戻る⇒ 【甲状腺機能低下症の愛犬の食事】※長生きさせる食事療法のポイント


page top